氷の化石「シルバーレイン」PCクォーツ・オブシディアンが思いのまま呟く所。知らない方は回れ右。

-----.-- [--] スポンサーサイト 【スポンサー広告】※-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09.17 [Mon] 3度のメシより美術室 【雑記】※2

なんですがそうも言ってられなくなりました…困ったなあ…

わああもう3時半…!な、何してるんでしょう僕…
ちょっと背後さんがどたばたしていて低速気味です…
あまり毎日は結社に顔を出しにはいけないかもです。
といいつつも、前は毎日のように顔を出していましたが(笑)
まあ、その日にならないとその日の事はわからないと言う事で…

ちょっと吐き出したり。


時間の流れがとても速い。何だか取り残されている気がする。
僕の手からそれはさらさらとこぼれ落ちて、何度掴んでも満たされない。

眠って起きると、地球は一周していて
僕はそれが何だかとても寂しい事のように思えて、寝る事をやめてしまう。
明け方の空、真っ白の月が真っ白の朝焼けと同じになる時間
その空を見上げながら、何か判らない、まるで心臓が潰されるような思いに駆られる。
月を飲み込んで昇ってきた太陽を見ながら、心は安堵と虚無を湛える。
どうすればいいか…呟いてみても風はひゅうひゅうと鳴くばかり。
ううん、風に震えて鳴くのは僕だろうか。
考えてもどうにもならない事を、何故どうにもならないかと考える。
同じ所をぐるぐる回って…まるで地球と同じ。
時に傾き、時に寒くなって。そしてまた同じ場所に戻ってくる。
月も、太陽も、みんな同じ。同じ…のはずなのに
僕は大きくなっていく。体も、心も、成長する。しないといけない。
一月前より少し伸びた爪を短く切って、そんな不安を和らげる。
虚しい。そんな虚しい行為に安心する自分が嫌で嫌でたまらない。

ゾンビハンターとして、ゴーストの完全殺戮を望む。
でも、戦うのは好きじゃない。
木々と会話し安穏と過ごした後、眠るように光の中で土に還りたい。
ゴーストがこの世から居なくなればいいと思いながら、そんなことを考える。
それこそがゾンビハンターとして目覚めたとき、
戦うべき能力者として目覚めたとき、捨てた「誇り」なのだろうか。
そう…僕には戦う者としての誇りなんて、微塵もないのだ。

満たされたいと願いながら満たされないのは自分の所為。
人間としても能力者としても中途半端な自分の所為。



…せめて明日のテストくらい、頑張ろう…
 


2007-09.17 Mon 11:42ノエル[-URL]

それが進化なのか…それとも退化なのかはわからないけれど、
全てのものは常に変化しているものだと思うの。
同じ所をぐるぐる回っているように感じるかもしれないけれど全く同じ場所なんてなくって…
よく似た道を歩きながら少しの違いを拾い集め前へ進む。
クゥは虚しいと言うけれど、ある種の喜びに似た物なんだとあたしは思うわ。
取り残されているわけじゃない。確信がないだけよ。
一瞬、一瞬を大切に、後悔したっていいから前へ…常にそう、在りたいわね。

なんだか、差し出がましかったかしら…。
今のあたしと似た状況(心境)みたいだから思わずコメントしちゃった。
この思惟が済んだ時…同じ道に立っていたいわね。
それじゃあまた。バヤルタイ!

2007-09.17 Mon 22:50クォーツ[-URL]

わわ、こんな吐き捨てた文章にコメントを…!
有難うございます。

差し出がましいなんてとんでもないです!
こんな支離滅裂な内容に…(ほろ)
ノエルさん…色々考えてらっしゃるんですね…
しかもポジティブシンキング…素敵です。
同い年とは思えないです…格好いい*(笑)

お互い色々頑張りましょうね(ぐ)
それでは、また…*

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。