氷の化石「シルバーレイン」PCクォーツ・オブシディアンが思いのまま呟く所。知らない方は回れ右。

-----.-- [--] スポンサーサイト 【スポンサー広告】※-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07.05 [Sat] 夢を見た 【雑記】※0

 

夢は真っ白だった

朝日を真っ直ぐに受け止めたときの眩しさのような
夜に浮かぶ満月の中に引き込まれたときのような

とにかく真っ白で

僕は一人だった

刻々と流れていく時と
次々に流れていく人との中で
ただ立ちそれを見る僕

瞳だけがこちらを見つめる人々
通り過ぎる時に感じるリアルな息遣いと体温
でもみんな僕には干渉しない
きっと僕を見つめ、体温や呼吸を感じていることさえ
僕は気付いていないと思っているんだろう

真っ白な空間はやがて増えていく人で真っ黒に染まって
そして僕はやっぱり一人

黒、はとても強い
一瞬でその中に混ざってしまいたくなって
混ざればもう他にはなれない

真っ白の中に一人だった僕は
真っ黒に混じって
同じ黒の中で安息の時に揺れる

そして考えることを放棄した僕は
何もかもわからなくなって
周りの全てが聞こえなくなって

目を開いて見た瞼越しのそれと同じ真っ黒の中で
妙に満たされた気持ちで感じた事は


「やっぱり僕は一人だ。」






そして目が覚めた。

僕は満面の笑みを浮かべていた。
そして吐きそうなほど気持ち悪くて、手足の先は冷え切っていて。
でも服は汗でびっしょりだった。

…もう7月、かあ…学園に来たのが今くらいだったかなあ。
だから何、って事は何もないけれど。
今日は良い天気。洗濯でもしようっと。

変な夢だったなあ…
僕は、一人じゃないのに。ね。

うー結社になかなか行けなくて申し訳ないです…!頑張ります!(むん)
 


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。