氷の化石「シルバーレイン」PCクォーツ・オブシディアンが思いのまま呟く所。知らない方は回れ右。

-----.-- [--] スポンサーサイト 【スポンサー広告】※-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-09.30 [Tue] 戦争 【雑記】※0

何度経験しても嫌なものです。

ひとまずお疲れ様でした。結局丸一日四国で戦い抜きました。
他のことが大変になったけど…
でも目の前に敵がいて、立ち去る事ができなかった。
当日応援して下さった方には、改めて心からの感謝を。

もう相手を倒す為に戦ってるんだか
自分が倒れたくなくて戦ってるんだか
ただただがむしゃらに、無我夢中で、相変わらずな戦いぶりだったと思いますが
命があってよかった。もう、それだけ。
今後のことはこれから考えます。

それでも倒れてしまった方々がいて…。
何も言いません。言うことができません。
僕ができるのは黙祷と、揺籠の君を追うことだけ。


死の直前にはこれまでの事が走馬燈のように見えるといいます。
戦争の時だけでなく、僕にはいつも見えません。
いつも死がすぐそばにいるのに。

本当に死ぬと思っていないのか

それとも

走馬燈のように見える思い出を僕はまだ作っていないのか
スポンサーサイト
 

2008-09.27 [Sat] 指先も 【雑記】※0

一つずつ整理をしています。

水を飲もうと両手ですくっても
当然、両手に抱えきれない水はこぼれ落ちるし
自分で気付かない隙間から水は逃げ続ける

水を飲むタイミングって難しいですね。

そのタイミングを掴みにいこうかと。
 

2008-09.27 [Sat] 足先がもげそう 【雑記】※0

初めての結社シナに出発しました。ドキドキです。
色々余裕がなかったです。反省。
出発したのですから、全力を出し切るだけですけれど…。
無事成功するといいな。

明日は戦争ですね。
終日は無理ですが少しでも戦うつもりです。
けれど、相変わらず慣れない…というか、手が震えてます。みっともない。
能力者同士で戦う事が本当に苦手です。
憎しみや怒りがこみ上げてくるのが辛い。
…それはリリスに対しても同じですが。
負の感情の力は恐ろしい。すぐに飲み込まれそうになる。

負けてられない。一番、自分に。
 

2008-09.27 [Sat] むだい 【雑記】※0

年は重ねていく物ではなく
例えば80なら80あるうちから引いていく物、というと
なんだか怪訝な顔をされてしまった。

限りがある物なんだから引く方が妥当なのではないか
というと、笑われてしまった。

まだ14歳なのではなく
あと66年しかない。
そう考えるのはおかしいだろうか

寿命は確実に刻み続けられ最後には塵も残らなくなる。

あと66年で僕には何ができるんだろう。
 
続きを読む
 

2008-09.11 [Thu] 季節の変わり目は頭痛が酷いです 【雑記】※0

お手紙は言いたいことが沢山で長くなるし、GTは時間がとれないしで…
本当に、沢山の方をお待たせしてしまっていて申し訳ないです。
わ、忘れた頃になると思うのですが、必ずお礼させていただきますので…!
というか登校手段(PC)があまりにレトロなせいか、
複数でGTに行くと途中でぶわーっと暴走しちゃって動かなくなることが屡々…
最近その頻度が上がり、かつ暴走が顕著に現れていまして、
そのせいもあるのですが…
ひょっとして、これはなんとかしなくてはならない状況なのでしょうか。
…行動が遅い?よく言われる言葉です。

こほん。
さて、それは追々なんとかするとして!
雪声さんに頂いた『メルヘンバトン』を回答したいと思います。
遅くなって申し訳ないです…
もっとこう、スピーディに、クイックに!動きたいものです…っ(反復横跳び)
………!!

(息切れ)
 
続きを読む
 

2008-09.05 [Fri] まだ暑い… 【雑記】※0

お互いを理解し合うというのはとても難しい。
それが動物であろうが人間であろうが同じこと。
言葉を知って人は隠すことと相手の為の嘘を覚えた。
自分の為の嘘や本能の儘に衝突し合うことを人は醜いと言うようになった。
考える力があるのだから考えろと。
でも考えてどうにもならないことなら?意外とこういうことはあると思う。
それに人が言うほど人間を賢い生き物だとは思えない。
むしろ言葉の代わりに色んな物を忘れてしまった哀れささえ感じる。
でもその言葉に救われてる自分がいるのも事実。
言葉にせずとも歩み寄れる何かがきっとあるはずだと思う。
でもそれが解らない。…というより、忘れてしまってるんだろうか。
それを問うことさえ、僕は言葉を用いるしかないのだけれど。

とか相変わらずよくわからないことを考えながら依頼お疲れ様でした。
人付き合いも戦闘もガチンコでぶつかるしか脳のない僕は
妖獣に対するこの気持ちをどうしたらいいか解らないのです。
うー…何度戦いを重ねても、切ない。
救ってあげたいと思って赴くのですが…
我を失った姿というのは、酷く恐ろしく映るもので。
敵、と見なしてしまう。苦しんでいるのは彼らなのに。
でも、悪いことをしてしまったら…誰かが罰しないといけない。
そのままにしておく方が罪深い。
…でも、彼らが妖獣になってしまった原因を考えると…。
なんて、頭の中がぐるぐるぐる。
全部を受け入れたうえで、開放してあげたい。感情に流される自分が未熟で恥ずかしい。
次の依頼は、もっと成長して臨めるように。
本当にお疲れ様でした。改めて、戦友の皆さんには感謝を。

ふふ…それにしても気付いたら妖獣依頼ばっかり。わかりやすいですねー。
そうだなあ…でも次はリビングデッド依頼を頑張ってみようかな…。
あんまり…人型のものと戦いたくないのですが…。
う…そんなこと言う自分の身勝手さにむしゃくしゃする…っ。

はー。それもこれも新学期が始まったのに終わってない宿題のせいだ!
(↑これも自分のせい)
 
続きを読む
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。